映画YouTube(邦画・日本のアニメ)

映画YouTube/邦画・日本アニメのストーリー、キャスト

予告編・主題歌のユーチューブ動画

話題の最新映画情報

映画YouTube(邦画・日本のアニメ)最近の記事

映画YouTube/邦画と日本アニメをYouTube動画を交えて紹介します。


邦画・日本アニメのあらすじや出演者などの作品情報を、過去の名作から話題の最新まで紹介します。
予告編・主題歌のユーチューブ動画もお楽しみください。


観にいく映画から持ち歩く映画へ〜CinemaNow Japan〜
あの名作から超有名俳優の出演作、異色の名匠監督作品まで
全ての映画が見放題!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



映画YouTube(邦画・日本のアニメ)posted

- | 映画YouTube(邦画・日本のアニメ)カテゴリーページTOP▲

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し/2001年7月20日公開
原作・脚本・監督:宮崎駿
作画監督:安藤雅司、高坂希太郎、賀川愛
美術監督:武重洋二
音楽:久石譲

▼あらすじ
小学4年生10歳の少女、荻野千尋(おぎの ちひろ)はごく普通の女の子。夏のある日、両親と千尋は引越し先の町に向かう途中で森の中に迷い込み、そこで奇妙なトンネルの入り口を見つける。入り口を見て嫌な予感がした千尋は両親に「帰ろう」と縋るが、両親は好奇心からトンネルの中へと足を進めてしまった。仕方なく後を追いかける千尋。出口を出た先に広がっていたのは広大な草原の丘だった。地平線の向こうには冷たい青空が広がり、地面には日本の古い家が埋まっていて瓦屋根が並んでいる。先へ進むと誰もいないひっそりとした町があり、そこには食欲をそそる匂いが漂っていた。匂いをたどり両親は店を見つけ、そこに並ぶ神々の料理を食べ始めてしまう。すると両親は豚になってしまい、一人残された千尋はこの世界で出会った謎の少年ハクの助けで、両親を助けだそうと決心する。八百万の神々が集う湯屋・「油屋」の経営者、湯婆婆に雇用を願い出ると湯婆婆は己の名前を奪い、「千」という新しい名を与える。千尋は油屋の下働きとして働きながら、自分を苦しめる様々な出来事に遭遇しつつも、ハクや同僚のリンの助けを借りて、懸命に立ち向かい成長していく。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

▼声の出演
荻野千尋:柊瑠美
ハク:入野自由
湯婆婆/銭婆:夏木マリ
釜爺:菅原文太
カオナシ:中村彰男
リン:玉井夕海
坊:神木隆之介
荻野明夫:内藤剛志
荻野悠子:沢口靖子
父役:上條恒彦
兄役:小野武彦
青蛙:我修院達也
番台蛙:大泉洋
河の神:はやし・こば

▼千と千尋の神隠し・吹き替え版


映画YouTube(邦画・日本のアニメ)posted

宮崎駿アニメ/スタジオジブリ作品 | 映画YouTube(邦画・日本のアニメ)カテゴリーページTOP▲

風の谷のナウシカ(1984年公開)

風の谷のナウシカ(1984年公開)
制作:原徹
プロデューサー:高畑勲
原作・脚本・監督:宮崎駿
音楽:久石譲
美術監督:中村光毅

1984年に徳間書店と博報堂の共同製作により、アニメ映画化(全国の東映洋画系の劇場で同年3月11日より公開)され、数々の映画賞を受賞。アニメーション作家としての宮崎駿の知名度を大きく引き上げた作品となった。朝日新聞のコラム「天声人語」が話題に取り上げ、当時話題になりつつあった環境問題をテーマにしたこともあって、従来のアニメ映画の枠を越える評価を受けた。
ときおり混同されるが、アニメ版のナウシカはスタジオジブリ作品ではない。

映画化にあたって募集したイメージガールでグランプリを取ったのは後に女優となった安田成美で、主題歌の「風の谷のナウシカ」(松本隆作詞、細野晴臣作曲)も歌ったが、録音はされたものの、あまりにも歌唱力のレベルが低かった為、結局劇中で使用されなかった。それ故、幻の挿入歌との不名誉な評判もある。

ナウシカは91万人の観客を動員し、当時の劇場版アニメーション作品としては破格の7億円以上の配給収入を得て成功を収めた。そうなると、徳間書店サイドも宮崎監督作品第二弾に許可が出て、継続的に安定して制作する母体が必要となる。トップクラフトは発展的解消をして、スタジオジブリへと改組される。そしてジブリは東映動画からテレコムへと受け継がれてきた、宮崎駿と高畑勲の長編アニメーション制作の拠点となっていく。そういう点でもナウシカは転換点となった作品である。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

▼主題歌「風の谷のナウシカ」(安田成美)


映画YouTube(邦画・日本のアニメ)posted

宮崎駿アニメ/スタジオジブリ作品 | 映画YouTube(邦画・日本のアニメ)カテゴリーページTOP▲