映画YouTube(邦画・日本のアニメ)

映画YouTube/邦画・日本アニメのストーリー、キャスト

予告編・主題歌のユーチューブ動画

話題の最新映画情報

映画YouTube(邦画・日本のアニメ)最近の記事

映画YouTube/邦画と日本アニメをYouTube動画を交えて紹介します。


邦画・日本アニメのあらすじや出演者などの作品情報を、過去の名作から話題の最新まで紹介します。
予告編・主題歌のユーチューブ動画もお楽しみください。


観にいく映画から持ち歩く映画へ〜CinemaNow Japan〜
あの名作から超有名俳優の出演作、異色の名匠監督作品まで
全ての映画が見放題!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



映画YouTube(邦画・日本のアニメ)posted

- | 映画YouTube(邦画・日本のアニメ)カテゴリーページTOP▲

二十四の瞳(高峰秀子、月岡夢路 他)

二十四の瞳 デジタルリマスター/2007年3月3日〜公開
監督:木下恵介
原作:壺井栄
あの不朽の名作が、デジタルリマスター版で蘇り、新たな感動が誕生する!

『二十四の瞳』(にじゅうしのひとみ)は1954年の松竹大船撮影所製作の日本映画。壺井栄の原作を木下恵介が撮った叙情性あふれた作品。反戦のメッセージを女教師と教え子のふれあいの中に描き日本映画が誇る傑作である。1987年、朝間義隆監督によってリメイクされた。
この映画のオープンセットを活用したテーマパーク「二十四の瞳映画村」が香川県小豆島にある。

■あらすじ
1928年(昭和3年)、大石先生は小豆島の岬の分教場に赴任する。田舎の古い慣習に苦労してなじみながら、12人の新入生の良い先生に育っていく。
ある日、先生は子供のいたずらが原因でアキレス腱を断裂してしまうが、子供たちは遠い道のりを泣きながら見舞いに来てくれる。
しばらくして、先生は本校に転勤する。その頃から、軍国主義の色濃くなり、不況も厳しくなって、学校を続けられない子供も出てくる。やがて、結婚した先生は軍国教育はいやだと退職してしまう。
戦争が始まり、男の子の半数は戦死し、先生の夫も戦死してしまう。
戦後、中年になった先生は、また分教場に戻り教鞭を取る。教え子の中にはかつての教え子の子供もいた。その名前を読み上げるだけで泣いてしまう先生を子供たちは「泣きミソ先生」と呼ぶ。
そんな時、かつての教え子たちの同窓会が開かれる。その席で、戦争で失明した磯吉は一年生のときの記念写真を指差しながら、全員の位置を示す。

■キャスト
大石先生…高峰秀子
マスノ…月岡夢路
松江…井川邦子
早苗…小林トシ子
磯吉…田村高広
男先生…笠智衆
大石先生の母…夏川静江
男先生の妻…浦辺粂子
よろずや…清川虹子
飯屋のかみさん…浪花千栄子
校長先生…明石潮
大石先生の夫…天本英世
ちりりんや…高原駿雄
松江の父…小林十九二
小林先生…高橋とよ
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)



映画YouTube(邦画・日本のアニメ)posted

2007年3月公開の日本映画 | 映画YouTube(邦画・日本のアニメ)カテゴリーページTOP▲
<< 天国は待ってくれる(井ノ原快彦、岡本綾、清木場俊介 他) | 映画YouTube(邦画・日本のアニメ)カテゴリーページTOP▲ | 第30回日本アカデミー賞授賞作品 >>

スポンサーサイト



映画YouTube(邦画・日本のアニメ)posted

- | 映画YouTube(邦画・日本のアニメ)カテゴリーページTOP▲